体操競技
 能力別課題検定員制度

検定員制度

実施要項

検定員一覧


男子課題級

女子課題級

検定会報告書

検定結果報告書



体操競技能力別課題検定員制度

1.検定員の資格認定

当協会が主催する検定員資格認定講習会(要受講料)で検定員(主任)として資格認定を受けた者。1級・2級の検定員のうち1名は日本体操協会公認審判員資格
(1〜3種)を持たなければならない。
 
2.検定員の種別

主任検定員(l級)と検定員の2種とし、主任検定員の資格取得には体操競技の選手および指導者として5年以上の経験を有するもので、検定員を2年以上経験し、 2種以上の審判資格を有していなければならない。
 
3.検定員の実務

検定方法(能力別課題記載の検定方法)に基づいて種目別級合格判定(採点)及び総合級判定を行い、合格認定名簿を作成し主催責任者に報告する。
  1. 日本体操協会に役員登録を完了すること。
  2. 年1回以上、検定会において検定実務を担当すること。
  3. 当協会が主催する検定員研修会及び講習会に参加すること。
 
4.主任検定員の派遣

検定会への主任検定員の派遣は当協会が行なう。
 
5.検定員の謝金

検定員(主任)の検定実務に対し、主催責任者は次に示す基準に基づいて謝金を支払うものとする。
実 務 時 間
謝    金
1級検定員
2級検定員
半 日
3,000円
2,000円
全 日
5,000円
3,000円

 
6.検定員認定講習会受講料・認定料

検定員(主任)の検定実務に対し、主催責任者は次に示す基準に基づいて謝金を支払うものとする。
検 定 員 種 別
認 定 料
受 講 料
 1級(主任)
2,000円
2,000円
2級
1,000円

 
7.上記5・6項の料金については今後変更することがあります。
 
8.認定員の資格取り消し

検定員義務の不履行やその他検定員として不適当と認めた場合、当協会は検定員の資格を取り消すことができる。

<<home
Copyright © 2002 osaka Gymnastic Association. All Rights Reserved.